お気に入りのカップを連れて。

旅に出る時、国内外問わずいつもお気に入りのカップを連れて行きます。 


「荷物にならない?」と驚かれることもありますが、カップ&ソーサー1客がとるスペースはほんの僅か。代わりに手に入れる旅行中の至福の1杯を考えるとなんてことはありません。


カップは必ず出発当日の朝、手荷物に。大切なマイカップが移動中に割れない様、専用ケースに収納して出発です。(行き先によっては茶葉を持参することも。) 


 ホテルへチェックインすると滞在が1日であっても、1週間であっても、先ずはクローゼットの整理から。持って来た衣類を全てハンガーに掛け、コスメ類はバスルームとドレッサーへ。そしてマイカップはいつでもお茶を淹れれるようにケトルの横に置いておきます。 


プライベートの旅先ではあまりアクティブに動き回る事はありません。行きたいところを数カ所に絞り、残りはホテルや旅館でゆっくり寛ぐ。これが最近の定番です。 


滞在先でリラックスする際にはやはりマイカップの存在は欠かせません。お気に入りのカップは自宅に沢山あるけれど、いつも連れて行くカップは必ず決まってセーブル風。 


長旅の後、シャワーを浴びてリフレッシュしてから、宿の窓を開け、1杯の紅茶やコーヒーを楽しむ。または、1日宿で過ごすと決めた日は、お気に入りの本を片手にいつもの1杯を。 


こちら↓はプライベートで鬼怒川温泉へ行った時の一杯。


そして、ビジネスで出張の時も、朝に気合いを入れる為にいただく1杯のコーヒーはなんだか元気付けてくれている様子。


そして長い1日を終えて部屋に戻っていただく1杯のハーブティーは張り詰めた緊張感をその日のうちにほぐしてくれます。

この1杯の為なら「ワレモノを持ち歩く」のも全く苦にならないのです。 




今日の1杯は旅先の松山道後温泉のお宿にて。 
 皆様も機会があれば是非、旅先にマイカップを連れていって見て下さい。


きっと、新しい発見があることと思います。


お気に入りのマイカップを探しに、是非Webショップもご覧下さい。

Webショップはこちらから → こちら



0コメント

  • 1000 / 1000