和のティータイム。

ヘレンドのアイテムはオリエンタルにも洋風にもとても良くあいます。

シノワズリとは、東洋趣味という意味がありますが、だからと言って当時の人達がオリエンタルの食事を楽しむために作られたものではありません。

今でこそ、ヘレンド社のシノワズリデザインは和や中の食卓を飾ることもありますが、本来は洋食で楽しむのが主流でした。

オリエンタル風の食器を和食や和菓子で楽しむのは現代ならではなのかも知れません。

こちらはある日お客様と一緒に楽しんだ和のアフタヌーンティー。

和のマカロンや、京てまりをシルバースタンドへ。

季節の生菓子、和三盆糖クッキーは二段スタンドへ。

スタンドはアポニーグリーンの19cmデザートプレートを使用しています。
ゆずピールにあられはアポニーグリーンのスクエアボウルへ。

サービングプレートはインドの華の八角皿。(八角皿は更にオリエンタルな雰囲気も演出してくれるので、お正月などの取り皿としてもおススメです。)

カップ&ソーサーもインドの華で揃えました。


写真にもありますが、ナイフレストはアポニーグリーンの小鳥デザインを使用しています。

小さな鮮やかな緑色の小鳥さんは鶯を連想させます。


こんな風に想像力を掻き立たせながら、アイテムを和にも洋にも使えると、テーブルの演出のバリエーションも増えて更に楽しくなるかと思います。

皆さまも是非お試し下さい。

ウェブショップは下記より: 



0コメント

  • 1000 / 1000