個人の趣向

高価な器もワンコインショップの器も、“食べ物を盛る”という器本来の役割を果たしてくれます。

では、何故世の中には手の込んだ高価な器を好む人々がいるのでしょうか?


高価な器を手に取る人全てが、“資産が有り余っていて、他に使うところがないのです。”というような方々ではありません。

皆さま、限られたリソースの中で、“何にどれだけ費やすか”を真剣に考えていらっしゃる方々がほとんどです。


当店のお客様から特に感じる事は、皆さま、“日々の丁寧な暮らし”に重点を置いていらっしゃる事。

流行ものに惑わされず、皆さま、御自分の“軸”をしっかりとお持ちの方が多いという印象です。


あるお客様がいらっしゃった時のこと。サロンで色々なお話をしていて、特に印象深かったお言葉があります。


“上質なバッグや宝石は1点あればそれで良いです。沢山持つ事よりも、1つを大切にできたらなと思うのです。それよりも、私は毎日の暮らしを上質に感じさせてくれる、ハンドメイドのぬくもりある陶磁器が好き。陶磁器も1点1点高価ではありますが、少しずつ想い出を増やすように、好きなお店で、自分用そして家族用にと揃えていきたいのです。”


このお言葉を聞いた時、まさに当店がコンセプトとしている、“毎日に小さなLuxuryを。”という言葉と重なり、とてもあたたかい気持ちになりました。


又、こちらは別のお客様から頂いたお言葉。。。


あるシリーズのディナーセットをお揃えになりたいとの事で、見積もりを出させて頂きました。


長年の直感から、この数字だと国内大手の並行輸入ショップさんの方がお安い、しかも当店ではオーダー品だけれども、そのショップだと今直ぐに在庫がある。。。と、思いました。


お調べした結果、私の直感は当たっておりましたので、選択はお客様にお任せしようと、その旨をお伝えすると、


“ヘレンドの食器は是非True Luxuryさんからと思っております。これから長く大切に使う上で、素敵なお店からお迎えしたと思うと嬉しいのです。”という、身に余るお言葉を頂きました。


日本に移転して3年が経ちます。国内では、大手の並行輸入ショップさんも数多くいらっしゃる中、当店は作り手への敬意をという想いから、価格ではなく、サービスに重視を置いてご案内して参りました。


そして、少しずつ、そんな想いが素敵なお客様とのご縁を繋いでくれている、と実感できるようになってきました。


お客様へお品物をお届けする時、“この1点1点がお客様の暮らしで素敵なお役にたてたら、、、”という想いを込めてお包みしております。


暮らしの中で毎日何気なく手にする器は想い出として記憶にも残ります。

もちろん、ワンコインショップの器にも素敵な想い出を込める事はできるでしょう。


でも、上質な器に、、、

手にするのに費やした時間や想い出も一緒に込められたらどんなに素敵な事か。


当店にいらして下さるお客様は、“選ぶ”というところから、想いを込めてお迎え下さるのだな改めて感じております。


皆さまにとって特別な1点をご案内できるよう、私も日々精進してまいります。



Webショップはこちらから → Webショップ








0コメント

  • 1000 / 1000